毒婦之友の日日雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巣鴨のマック+

 

ただの100円ソフトクリームが、ここ巣鴨では長生きソフトクリームと称し、 お値段そのまま、なんと100円のプライスで売っております。



店長が皆様のご健康を、とげぬき地蔵にいつもお祈りに行ってこのお値段。
これは安いです。



まぁ、たかが100円ソフトごときで、赤の他人に健康を祈ってもらうのは若干気味が悪い気もしますが。

そういえばここのマックは昔、メニューに書いてあるチキンナゲットの下に“とりのからあげ”と書き加えて売っていたことがあります。
   
 
<おまけ>




“オレたち東京土建”

忌野清志郎のタイマーズみたいだ。


スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 01:53:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生で直立不動になる一曲

電気グルーヴのピエール瀧が、高校時代に石野卓球の部屋に遊びに来たとき、たまたま部屋でかかっていたニュー・オーダーの「ブルーマンデー」に衝撃を受け、そのまま直立不動の状態で最後まで聴き入り、野球少年だった瀧の人生を大きく変えたという逸話があります。

人生を変えるほどでないにしろ、初めて聞いた音楽に衝撃を受け直立不動で聞き入った経験はないでしょうか?


僕はあります。これです。

Queen - Flash




  



I Was Born To Love You 、ボヘミアンラプソティ、伝説のチャンピオン等の珠玉の名曲を差し置いての“フラッシュのテーマ”。


まぁちょっと語らせて下さい。


初めて聞いたときの中学校2年の時のテレビ東京の「お昼のロードーショー」

何気なくTVを付けたら映画『フラッシュゴードン』が始まりOPに

“ド・ド・ド・ド・ド・ド・・・・・フラッシュ!アアー!!・・・”

中二病患者にとって、何だか分からんが洋楽ってカッケー!!という気持ちにさせるには“フラッシュ!アアー!!”は充分な一曲でした。


が、その時点では誰が歌っているかも分からず、買い物に予定でだったので映画も最後まで見れずじまい。


結局誰の何という曲か判明できず、いつの間にか忘れてしまった1年後。


受験勉強の追い込み中、偶然にラジオをつけたら。


“ド・ド・ド・ド・ド・ド・・・・・フラッシュ!アアー!!・・・”


あのカッコイイ“フラッシュ!アアー!!”が今流れてるじゃないですか!!

番組はクイーンの特集番組。

“フラッシュ!アアー!!”カッケー!!クイーンってすげー!!

と終始頭の中でこのフレーズがループし続け、他も曲もスゲーカッケー!チョーカッケー!ばかりで、結局受験勉強には身が入らず、一時間の番組が終わるまで意味なく立って続けて、手の甲には汗べったりで聞いておりました。

番組が終わった後も興奮冷めやらぬ状態で姉にクイーンのCDあるかと所望したり、それでもクイーン欲は止まらず、次の日にはグレイテストヒッツ、さらに次の日にはグレイテストヒッツ?も買ってきて毎日姉から譲ってもらったお古のラジカセで聞き込んでおり、高校三年間洋楽にどっぷりはまるきっかけになりました。


・・・とつらつら書きましたが、そんな人生で直立不動になる一曲皆さんありますか?

あったら私たちに教えてくださいね(美味しんぼオチ)

  1. 2008/06/26(木) 01:52:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鯨魂




牛次郎 川本コオの『鯨魂』を読んでいます。


ハゲデブの脂っこそうな社長がピンク産業から、兵器、メディア、ギャンブルと儲けるためなら何でもビジネスにする漫画です。

高校の頃エロビデオがメインの古本屋で背やけした『鯨魂』を読んで以来のファンです。

まんだらけで6~10巻まで見つけましたが、残りが3年たっても見つかりません。


ネットでも買えそうですが、そこまで欲しい漫画でもないんで悩んでます。



               

   新しいビジネスをひらめく社長




          泣く社長


講談社で出ている漫画ですが、どうも連載雑誌は別の出版社みたいです。

ネットで検索してもほとんど出てこない謎な漫画です。




     若者に挨拶する社長



最近はこの社長に萌えてきました。

  1. 2008/06/25(水) 01:09:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

街の声

駅前のマクドナルドにて。 中学生(高校生?)らしき三人組の声です。


A「ピアニッシモ(タバコ)まずいって言ってるのに吸ってんじゃねーよ!」


B「マジ!しゃしゃりでんなよ!マジ!しゃしゃりでんなよ!」


A「バイト?サイゼの角のホワイト急便」


C「西中の○○知ってる?あいつ今ラーメン屋でバイト」


A「島袋マジ、キメー!(ジャンプで連載している島袋光年のマンガの事か?)」


A「(ブラインドをいじりだす)うわっ!くさっ!変態の臭いがする!」


B「うちのカーテンまじ汚ねーよ、臭せーし、チーズへばり付いてるし」


(店員が来る。どうやらこいつら勝手に店の窓を開けたらしい)

店 「次、窓開けたら警察呼びますからね」


A「つーか暑いんですけど?あけちゃ駄目なんすか?」


店「他のお客様の迷惑になるんで、次やったら出てってください。(強い口調)」


(店員帰る)


A[ペッっ(つばをはく音)つーかまじふざけんなよ!あのババア」


A「あーチャリ改造してー、カゴ付けよう」


B「ケーヨーデーツーにたまに2mのワイヤー売ってるよ。たまに見るよ」(常に置いてないのか?)


A,電話をする


A「もしもし○○?あのさ、お前の鬼ハン(注)売ってくんね?あっ?いい?でいくらで売ってくれるの?」


(注)鬼ハン 斜め上方に絞ったハンドル。鬼の角のように見える



この後2回ほど店員に注意されて帰りました。

  1. 2008/06/23(月) 19:29:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想ドラクエ4コマ劇場

                               食紅

                     

                   

                      

  1. 2008/06/20(金) 11:38:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんじょが好きそうなモノ

嫌いでも好きでもないですが、意味なく本上まなみが好きそうなモノを考えました。



<本上まなみが好きな・・・>


・チェコアニメ ・絵本 ・スウェーデンの素朴な家庭料理


・IKEAの家具 ・自宅をかもめ食堂風に


・上の流れでなんちゃって北欧メタル好きに。 (愛聴盤は『ヨーロッパ』の『ファイナル・カウントダウン』)


・ベランダでトマトとバジル作り。


・ベランダで盆栽


・ベランダでサボテン


・ベランダで人形の顔の中に種が入っていて育てると草が髪の毛みたいに生える植物を大量に育てる。


・中国のチープ玩具


・シルバニアファミリー


・工場見学


・ダム見学


・女将一日体験


・フィアット


・ビバリーヒルズコップ2


・吹き替えのMr.BOO!


・ハイチュウを一本を全部合体させて巨大な餅の様にして食べる


・ダヴィンチ


・万城目学とか森見登美彦とか京都系文学の作品(感想はまったり、ほっこり、ゆるゆるを多様に)

・谷根千散策(感想はまったり、ほっこり、ゆるゆるを多様に)


・ヴィレッジヴァンガードにある「絶対読むべし!、○○好きなら次はこれ!」といったやたら上目線の黄色POPで紹介されている漫画を読む


・梅沢富美男の夢芝居


と、書いているうちにほんじょの事が気になっている自分に気づいた。

でも彼女もう結婚してるんだよな・・・。

  1. 2008/06/19(木) 17:32:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分へのごほうび・・・ステーキ

スズメバチに襲われる夢を見てたら起きたのが一時過ぎだった。

江古田にステーキを食べるつもりでいたが諦めた。


けれど、それでも食べたいと思い、スーパーで480円が三割引きになった豪州産のステーキ肉を三時に焼いて食った。頑張ってはいないが、自分へのごほうびってことで。


マクロスF面白い。


  1. 2008/06/18(水) 21:42:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光るゲロ



昨日『あしたのジョー2 劇場版』を見た。
以前にみたことがあるんで、話は知っていたんですが、改めて見てもやっぱり面白かった。


今回は出崎統監督特集のくくりやっていたので、その辺を気にして見たら、画面分割や入射光とか手書き調の止め絵など、今のアニメで基本になっている表現技法が出崎作品によって生まれていたのが垣間見える。

ジョーがリングで吐く、光るゲロの演出は素晴らしいと思う。

あとこのテーマソング「あしたのジョー2のテーマ~明日への叫び~」(ジョー山中)
が、かっこいい。

元UWFの中野龍雄が、5年くらい前の新日本プロレスに1シリーズ参戦した時に流れていた時から気になっていた。

無骨な中野のファイトスタイルにぴったりな曲だと思う。
  1. 2008/06/17(火) 21:59:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天沢退二郎

昨日新宿ロフトにて『電脳コイル ナイト』というトークイベントがあり、新宿まで行ってきたんんですが、当日券が購入希望者多数のため抽選になり、残念ながらはずれてズコズコと退散しました。


そもそも前売り券が15分で完売だったんで、かなりの倍率だったんだと思います。

行きたかった・・・。



              


 さて、電脳コイル関連の情報を探していたら、何でも天沢退二郎という作家の児童文学に影響を受けているらしいです。

光車と、まわれ! 闇の中のオレンジ オレンジ党と黒い釜  <ブッキング>


とりあえずこの三冊を読んでみましたが、なるほど確かに、似ている部分が結構あります。


『コイル探偵団』みたいに小学生達がチームを組んで協力し合ったりする所や、舞台が廃工場や路地裏だったり、イサコのような特別な能力を持った少女が出てきたり(イサコの苗字の天沢は作者へのリスペクトという説も)、オレンジ党の”黒いもの”=コイルのイリーガルな気もします。


コイル後半の作品のトーンだったダークな感じがこれらの作品の雰囲気と似ていて、電脳コイル好きは、きっとはまると思います。


ちなみにコイルにはまりつつある、うちの姉は「挿絵が怖い」と言ってこちらは読もうとしませんでした。


それにしてもトークイベントでは天沢退二郎関連の事も話していたんでしょうか・・・。

次やってくれることを期待します。

  1. 2008/06/15(日) 14:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エロ姫(毒婦)

ヘンな気分になったんで、そろそろ次の「毒婦之友」の会議をしようと思います。




                       

  1. 2008/06/15(日) 01:42:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べべんべんべん

                  



今月号のビックコミックオリジナルの「浮浪雲」を読んだら親子丼が出てたので作って食べた。なんで「浮浪雲」を読んだかと言いますと大学近所の喫茶店『ケニヤン』のマスターが今月号の話に感動したそうで、「読め!」と勧めてきたから。

今回の話は、親元を離れた丁稚奉公に出ている子が、食堂で親子丼を食べそこない、それを見ていたおかめさん(主人公の嫁)が離れ離れになった親子の境遇を不憫に思い、最後母親代わりに親子丼を作ってあげるという話。

マスターは丁稚の子が涙を流すまでの一連のシーンにグッときたらしく、その流れのコマを指でなぞって説明してくれ「浮浪はやっぱいい漫画だぜ。」とやたら力説していた。

そういえば、うちの母も若い頃は、ビックコミック愛読者だったらしく「浮浪雲はほ・・・んと!!あったかい気持ちになれるいい漫画よ!!」と力説してたことがあります。

雑誌でしかぱらぱらとしか読んでなかったんで、「浮浪雲」=登場人物がやたらと粘液質な涙を流す漫画位の認識しかなかったんですが、高校の頃に古本屋の閉店セールやっていた300円でかご一杯に漫画つめ放題セールの時に『少年の町ZF』と一緒に20巻くらいまで買ってきて、はまりました。

やたら印象に残っている話で、UFOが出てくる話と、まんま作者ジョージ秋山似の西洋人が出てくる話と、番頭の欲次郎(男)が青田先生(男)に欲情する話と、新之助(主人公の息子)が自慰をするとバカになると言われたので我慢し、悶々とした日々を送り、最後に親子で海に向かって豪快に自慰をする話があります。


「浮浪雲」はいい漫画です。
  1. 2008/06/14(土) 00:10:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ウォーホル日記

                  


図書館にいったら、リサイクル本コーナーに文春文庫の『ウォーホル日記)』が上下そろいで入ってたので貰ってきた。


この本はここで借りて面白かったので、手元に欲しく最近古本で探していたので、ブッカーが貼ってあるとはいえ無料で手に入るとはラッキー。


ここの図書館のリサイクル本コーナーは以前にも、三島由紀夫の『中世 剣』、木山捷平の『鳴るは風鈴』(どちらも講談社学芸文庫)がブッカーなしの状態が入っていたこともあり、中々あなどれない。


  1. 2008/06/12(木) 22:52:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部屋

部屋のモノが増えたので、CDとLP(かっこつけて集めてた)を処分したら8万円くらいになった。


音楽関係は減らしたが、その代わりに本(漫画)をちょろちょろ買って増えるので結局あまり変わらなかった。


ところで新装版の「孤独のグルメ」を買いました。


版が大きいのと紙と印刷が良くなったのか細かいトコもはっきり見えていて、さらに新作一本と巻末に川上弘美の作者ふたりの対談が載っていて文庫で買った人にもオススメです。



                         
    
  1. 2008/06/10(火) 00:31:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春アドベンチャー

NHK-FMの青春アドベンチャーで『マリア様がみてる』がやる夢を見た。

何かちょっと前ならやってそうな気がしませんか?


それにしてもあの枠で選ばれる基準ってなんなんでしょうね。


『しゃばけ』も『バッテリー』も『DIVE!!』もやってたけど、放送してた頃はまだマイナーだった気がするから、流行っている作品は色々あって無理なんでしょう。


きっと。





  1. 2008/06/09(月) 10:42:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKーFM

久しぶりにNHK-FMを聞いた。

青春アドベンチャーってまだ続いてたんですね。

  1. 2008/06/08(日) 23:49:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガーΣ

ジャガーって知ってます?運動靴です。

プーマじゃないですよ。ジャガー
うちの地元の茨城じゃ学校指定(中学校)の靴でした。

俺は今までジャガーの運動靴は日本中どの地域の中学校でも履いてるメジャーな存在かと思っていましたが、どうもこの間入った茨城出身の一年生が言うには、メジャーなのは茨城県内だけみたいです。

周りの人間の反応も

「ジャガーってなんすっか?プーマのパクリじゃないですかぁ~!」

「これぞイ・バ・ラ・キ・クオリティ!ヘラヘラ~」

「ダサい!ダサい!グヘヘ!」

と侮蔑の嵐で、気分はもう田舎のシメジとナメコの件で馬鹿にされた田舎亭ずう助(美味しんぼ)。

あまりに腹が立ったので、気を落ち着かせる為にちょっとジャガーについて調べてみた。


ジャガーの正式名称は『ジャガーΣ』
ジャガーというのはメーカー名ではなく、製造販売はムーンスター(旧 月星化成株式会社)


『ジャガーΣ』は超軽量を徹底して追及し、研究・開発したジョギングシューズとして1980年に発売。

底材に自社開発の発泡ウレタンを採用し、「超軽量片足約175 グラム」(25cm)のキャッチフレーズで業界衝撃のデビューを飾った。

発売1 年で100万足を売上げ、80年代には雑誌広告やTVCMを実施し、小中学生から大人まで幅広く履かれ、ピーク時は年間250万足以上を出荷した。

現在までこのシリーズの販売足数累計は5,000万足を越えている。シリーズ中でΣ03と04は根強いファンの方に支えられてシリーズは25年目を迎える大ヒットロングセラー。


と、調べていくうちに何だかジャガーが物凄くカッコイイ存在に感じ、衝動的に欲しくなったので近所の靴屋に探しにいってきたもののなかった。

それにしても今の中学生は何履いて登校してるんですかねぇ。      




                        

  1. 2008/06/02(月) 17:09:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。