毒婦之友の日日雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天沢退二郎

昨日新宿ロフトにて『電脳コイル ナイト』というトークイベントがあり、新宿まで行ってきたんんですが、当日券が購入希望者多数のため抽選になり、残念ながらはずれてズコズコと退散しました。


そもそも前売り券が15分で完売だったんで、かなりの倍率だったんだと思います。

行きたかった・・・。



              


 さて、電脳コイル関連の情報を探していたら、何でも天沢退二郎という作家の児童文学に影響を受けているらしいです。

光車と、まわれ! 闇の中のオレンジ オレンジ党と黒い釜  <ブッキング>


とりあえずこの三冊を読んでみましたが、なるほど確かに、似ている部分が結構あります。


『コイル探偵団』みたいに小学生達がチームを組んで協力し合ったりする所や、舞台が廃工場や路地裏だったり、イサコのような特別な能力を持った少女が出てきたり(イサコの苗字の天沢は作者へのリスペクトという説も)、オレンジ党の”黒いもの”=コイルのイリーガルな気もします。


コイル後半の作品のトーンだったダークな感じがこれらの作品の雰囲気と似ていて、電脳コイル好きは、きっとはまると思います。


ちなみにコイルにはまりつつある、うちの姉は「挿絵が怖い」と言ってこちらは読もうとしませんでした。


それにしてもトークイベントでは天沢退二郎関連の事も話していたんでしょうか・・・。

次やってくれることを期待します。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/15(日) 14:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<光るゲロ | ホーム | エロ姫(毒婦)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuhu.blog19.fc2.com/tb.php/20-ccc35206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。