毒婦之友の日日雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月11日の箇条書き日記

午後2時に遅い昼食を食べに職場近くの「餃子の王将」へ行く。
50円引きの餃子を3人前と中ライスを食べる。一緒に行った会社の人に奢ってもらう。
昼休みがまだあったので、会社の人と別れて近くの図書館へCDを借りに行く。

自転車で職場に戻る途中の2時50分頃、ガソリンスタンドから人が出てきて、かなり焦った表情で
「じっ地震!?」

自転車に乗っていたので気付かなかったが、「あぁ確かに揺れてるなぁ」と、思った矢先今までに体感した事の無いグラグラ。 地面が波打ち電信柱が木の様に揺れているのを初めて見る。工場地帯にいたが工場からサイレン、大勢の人が出てくる。建物の下にいるのは危険と思い、建物に挟まれていない駐車場に逃げる。

とりあえず地震が止まったので職場に戻る。建物の中(3階)の揺れの感じ方はすごかったらしい。棚の商品が結構落ちていた。 その後数回の余震、避難勧告。職場の人大勢、外へ出る。一緒に食事した人と再会。
「餃子に押し潰されて死ぬのはイヤだね」という冗談を言い合う。

一度社内に戻った後パートの人だけ帰宅、残った人間で散乱した本の片付け。
ネットで宮城方面の地震と知る。

職場から茨城の実家にメールと電話。返信来ない。会社の電話からも不通。

6時頃まで仕事、電車で来る人は電車が止まっているので帰宅方法に悩む。多摩地区の人は会社に泊り、埼玉の人は歩いたり、自転車を買って帰るという人もいた。

自転車で帰宅。部屋の中の本は思ったほど散乱せず。翌日本棚と壁をくっつける金具をみたら地震の揺れで外れかかっていたのでギリギリセーフだった模様。

スパゲティを作って食べてネット、とりあえず風呂沸かして、鍋に貯めて生活水の確保。
ラジオから安否の情報、テレビは大津波。

父親にダメもとで携帯をかけたら偶然繋がる。停電だけどウェディングキャンドルで光を灯している。との事。

遠出をする予定だったが、都心に出たくないので近所で散髪と図書館。練馬区の図書館は閉まっていたが板橋区は開いていた。本が少し落ちたそうで、職員の人も電車のストップで帰れないらしい。

次の日の土曜も仕事だったが午前中で終わり、肉とか野菜買って帰宅。土曜の夜と日曜はそれの消費。

金曜の夜何もなかったので、土曜は風呂の水で洗濯をして晩にまた風呂を入れる。(日曜も同じ)土曜は福島の原発におびえるが、ズンドコさん呼んで水炊き食って酒飲んで寝る。

日曜は近所をブラブラして練馬区の図書館に行ってプールに行って夕飯に焼いた餅三つ入れたうどん食べる。

月曜は仕事。サボりたい。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/14(月) 01:29:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<けいほん!! | ホーム | 読書2月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuhu.blog19.fc2.com/tb.php/230-b189cb11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。