毒婦之友の日日雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺とピンク・フロイド

ピンク・フロイドのキーボード、リチャード・ライトが亡くなられたそうですね。これで黄金期のメンバーでの再演は二度と出来なくなりましたか。

ピンク・フロイドといえば、高校の頃にCDを借りてMDに録音して、通学中聞いてました。

最初はクリムゾンの『宮殿』の方が好きで、ピンク・フロイドは『原子心母』何か特に、良さがまったく理解できず、聞いてるうちに『サマー'68』あたりで寝てしまい、今度は寝ないで聞こうと思っていても結局『サマー'68』で寝ていました。

当時は『炎』、『おせっかい』、『アニマルズ』、『狂気』、『原子心母』の順で好きでした。(『おせっかい』はブッチャーの入場曲『吹けよ風、呼べよ嵐』が入ってるから。アニマルズはジャケットが好きだった)

高校時代、趣味が音楽(ロック)の人は多かったですが、圧倒的に青春パンクが大多数で、洋楽は少数。洋楽が好きな人でも、ガンズ、マンソン、メタリカ、メガデス等のメタル趣味がもっぱら。

その頃はどちらにも興味がなかったので、音楽に関してはほとんど貸し借りをしたことがなく(付き合いで1,2度メタルのCDを借りましたがダメでした)ひとりで黙々とレンタル屋でCDを借り、聞いていました。

高校2年の頃、ある日の掃除の時間。ベランダで中庭を覗いていたら、後ろから不意に普段ほとんど喋ったことのないクラスメートに声をかけられ、実は彼がプログレ好きで、俺がプログレ好きということを知り、その日の掃除の時間はずっとピンク・フロイドの話でボソボソと盛り上がり、その縁で彼とはそれ以降もずっと仲良くさせてもらっています。

高校3年になり、担任のK先生に進路希望表か何かを出しに、職員室の先生の机まで置きにいったら、歴史の教科書や資料集(K先生は世界史の先生だった)の間にセカンドの『神秘』のCDが挟んであるのを発見しました。

最初は何かの見間違いか?それとも生徒から没収した何か?いや、もしかして好きなのかも?(『狂気』を差し置いての『神秘』というチョイスが没収した品のわりにマニア臭いなと感じていた)と色々考えてみましたが、授業、ホームルームでも、一向にピンク・フロイドのピ、プログレのプの字も出てこないので、違うのかなと思った矢先、また用事で職員室に行ったら、机の上に今度は『炎』があったので確信し、問いただしたら、普段はやや冷静な先生が、やや熱くピンクフロイド愛を語りだし、88年の来日公演に行ってきた話などをしてくれました。

ある時、この先生と僕を含めた生徒何人かで、スキーに行く機会があり、1泊2日(?)でしたが、生徒と教師の関係がやや砕けた感じになった、その帰り、いつもよりテンションの上がった先生が「今から天才が作ったスゲー音楽を聞かせるぞ」と「炎」のCDを流し始めたんですが、車のステレオの調子が悪く、音とびが激しく、一曲目のクレイジーダイアモンドが2倍近い長さのぶつ切れ曲になってしまいましい、何とも言えない空気。さらに先生に追い討ちをかけたのが同乗していた生徒の一言。

「これ、いつ歌始まるんですか?」

プログレ好きにとって一番言われたくない、その一言を言われてしまったK先生は急激にテンションが下がってしまい、その後は終始無言で車を走らせていました。


俺とピンク・フロイドの思い出です。


スポンサーサイト
  1. 2008/09/22(月) 03:15:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<崖の上のガケ書房 | ホーム | 皿を洗うサラ・ザビアロフ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dokuhu.blog19.fc2.com/tb.php/72-b632f5d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。